輝いているね!人 !

素敵な接客のお店や会社 人をご紹介します。
マナー講師からのひと言を添えて・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第3回目
 叶ツ木松風庵 岸和田店 店長 松浪 明子様
彼女は語る
会社と 社長と 専務に惚れて ここにいると・・・
オーナーの言葉ひとつひとつに 心が感動でいっぱいになると。。。
一期一会 の気持ち
笑顔 で幸せを感じたいと彼女はいう・・・

素晴らしい彼女が 感謝の気持ちで働く松風庵は温かく 
優しい心がお菓子のほどよい甘さに 変わるお店


どのような想い コンセプトがありますか

常に向上心

お客さまを大切にする気持ち 一期一会の気持ち で

店長(自分自身)自ら 元気よく 活気よく・・・

お客様も自分もお互いが笑顔で幸せを感じていく

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
接客についてどのような心遣いをされていますか

お客様に笑顔で帰っていただける、また来たいと思っていただける接客を
お客様ひとりひとり TPOに合わせたおもてなし サービス を意識する
お客さまには 謙虚な気持ちと感謝の気持ちで接する
できるだけお客さまの名前を覚えるよう心がけている

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スタッフにどのような指導をされていますか。また心がけていることは

オーナーのコンセプトを中心に一体感の統率に心がけている
基本形式の接客の指導のあとは 先輩を見習う意識をもってもらうよう 心がけている
店長自身が率先的に 誇れる接客を心がけ 憧れられる管理職を目指すことを心がけている
ひとりひとりの長所を 見つけ 伸ばしていくことによりレベルアップを図っている
結果から 自身を見つめられるスタッフになれるよう 心がけている
 
オーナーからいただいた言葉
知識を活かすことがマナーであり どう活かすかを常に考えるということを
スタッフに伝え続けている

スタッフとともに成長させていただいているという
意識を忘れず 謙虚な気持ちでコミュニケーションをはかる。

覚えたお客様のお名前は できるだけ名前で呼ぶ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


おすすめのお菓子 将来の夢

チーズケーキ アンジュ ミニョン

一口サイズのケーキ。
アンジュミニョンは フランス語でかわいい天使 という意味だそうだ
食感にこだわりをもち 
何度も 試作を重ねて口の中でとろけるような
なんともいえない優しい味のケーキ
店長の奥 明子さまが
眼を輝かせて おすすめくださいました
私もいただきました・・・
ふわふわ感は 生まれて初めて体験する不思議な
心地よい たまらない口あたりでした
思わず お土産にどっさりと・・・(^^;)

うさぎのダンス

チーズクリーム大福
口に溶け出すフランボワーズソースの甘酸っぱさが
たまらなく インパクトがあり美味しい
羽二重餅とチーズクリームの相性が絶品

                       etc・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎日 毎日 謙虚さと緊張感を意識して
お客さまに感謝のきもちを忘れない。。。
いつも 明るく 笑顔を絶やさない

新しく 移動した岸和田店
心新たに 初心に返り 
その場に応じた気遣い 心遣いのバランスを課題に
スタートした。。。
彼女は 何度もご来店いただくことが
お客さまからの声 という
いつもパワーをもらえると来店されるお客さまが多い
私も そのうちの ひとりだ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


夢は・・・
仕事とプライベートのバランスを大切に
いつまでも 心優しい自分を失わず 輝いていたい 

とても輝いた目で おっしゃいました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
マナー講師 たなべよりひと言・・・

私は深日本店まで通うくらいの大ファンだった・・・
広瀬通り店ができたときは 嬉しくてお菓子のとりこになった

特に くるみパイ 栗パイは中毒になるくらいだった
わらびもち くるみもちも たまらなく よく みんなに配ったものだ

どのお菓子をいただいても
ほどよい甘さは たまらない

お菓子の美味しさの魅力もさることながら
接客の丁寧さ 温かさには 感動した

挨拶 お金の受け取り方 商品の受け渡し 
どのスタッフのかたも統一され 心遣いの声のかけかたも
マニュアルでは できない気遣いだった

私は お中元 お歳暮 お礼 法事 あらゆる 贈り物は
松風庵 ときめていた
必ず 熨斗(のし)紙を つけるのだが
名字の漢字が難しかったのと 上書きに特殊な言葉を使用したので
いつも 筆ペンを拝借し 自分で書くことが多かった

2回目 お店に伺ったときだった
”たなべさま 本日の贈り物 筆ペンをおもちした方がよろしいですか?
いつも 恐れいります お書きいただいて。前回の上書き 
夏のご挨拶 の達筆な字に感動いたしました”
との 言葉。。。
それが 松浪 明子さまとの出会いだった

私は びっくりした
名前と 上書きを書いたことまで 覚えていたのだ
かなり多数のお客さまが いる中で
ましてや まだ 2回目のはず。。。

私は 彼女に心底惚れた
マナーとは 相手に対する気働き  わかっていても不特定多数のお客さまに
徹底した気働きは 至難の業だ

なんともいえない 気分がよかったのを 今でも忘れない
これこそ マナーとは心が大切 という定義を表現してくれた姿だ

彼女の気働きは いつでも どこでも だれにでも 一緒だった
そんな彼女がいるお店は 明るいパワーが不思議とスタッフに伝染していくものだ。。。

案の定 彼女はいつのころからか 店長として 就任していた
店舗が 拡大し 彼女は 各店舗の店長として 移動をしていく
私は 彼女のいるお店を 追っかけた

一度 彼女に聞いたことがある
とても 素敵な接客をされるお店だけれども 指導はどなたがされているのですか?と。

専務から お客様の大切さと 教育の指導をいただいております とのことだった
彼女をはじめ スタッフの心遣いを見れば
会社の経営者 オーナーの優しさ 心遣いを お会いしなくても感じた
彼女は 岸和田店で 頑張ります と笑顔で 私を送り出してくれた

すこし 遠くなったけれど 機会があれば
彼女の笑顔に 再び 会いに行きたい と思う 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

株式会社 青木松風庵

住所 599-0303 大阪府泉南市岬町深日1542-2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

top